【2019.冬】

昨年暮れには若干積雪がありましたが、穏やかな新年を迎えることができました。今年の干支は、「己亥(つちのとい)」ということです。エネルギーに満ち溢れた時期であることを示す「己」と安定した準備期間に向いている「亥」という意味があるそうですが、これまでの常識や慣習にとらわれず斬新な発想で果敢に挑戦する「猪突猛進」に期待したいと思います。

昨年は、2月上旬に日本海側で記録的な豪雪となり、夏場には大阪・北海道での地震、西日本での豪雨災害があり、気象庁が臨時会見を開くほどの災害級の暑さなどもあり、天災が相次いだ年でした。さすがに経済活動にマイナス要因として働きましたが、下ぶれはいずれも一時的なものであり、回復基調が持続し「いざなみ景気」の73か月に、景気拡大期間が並びました。今年は「平成」が終わり、5月から始まる新たな元号のもと内需のけん引力を背景に、消費増税後も景気の腰折れは回避できるのではないかと思います。

正月と言えば箱根駅伝ということになりますが、テレビで観戦していると気になるコマーシャルが流れてきました。サッポロビールの「大人エレベーター」シリーズです。俳優の妻夫木聡とメジャーリーガーの田中将大との対談形式で進みますが、数パターンありそれぞれに深い話と感心させられました。妻夫木さんが、「運は必要ですか」と問いかけると間髪入れず「必要です」と答える田中選手。「自分自身が前向きにやるべきことをやっていれば、運が向かってくる。飛び込んでくる。」というメッセージが続きました。まさに「私たちの仕事・生活」に当てはまる言葉と感じました。

長期的に見ても、本格的な人口減少が進んでいく中での経済成長の実現を目指し、生産性向上や体質強化を、やれることから取り組んでいかなければなりません。


 

【2018.秋】

今年の夏は、真夏日を超え猛暑日といった日が続く過酷なシーズンでした。さらにその後は、局地的な豪雨や21・24号を代表とする連続的な台風にみまわれました。私たちの身近な地域でも経験はあるものの、対応には再確認が必要と感じております。

また、会議に出席のため出張中だった私は、9月6日に発生した北海道胆振東部地震に遭遇してしまいました。大きな揺れではありましたが、東日本大震災を経験していましたので、大丈夫ではないかと簡単に考えておりました。ところが、停電の時間が思ったより長く、情報が閉ざされる事態となりました。土砂崩れ等で被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。そして、改めて冷静な判断と行動が必要と考えさせられました。

東日本大震災時の状況や情景を思い起こしましたが、私たちの地域でもあれから7年以上が経過し、10年目を見据えて地域創生の姿を確実にしていかなければならないと感じています。

プロボクサー村田涼太選手は、プレッシャーに押しつぶされて、それまで自分の武器であった試合で「前に出る」ことが出来なくなった時、様々な哲学や心理学の本を読んで目が開かれたと言っています。そんな苦悩の中で見いだした答えが、「プレッシャーは引き連れて戦う」ということのようです。「なぜ出来ないか原因を追及するのではなく、今目の前にある(差し出される)現実(問いかけ)に誠実に答え続けるしかない」ということを結論付けたのでしょう。

私たちも、その問いに答え続ける覚悟を決め、プレッシャーを力に変えていければと思います。


 

【2018.春】

今年は冬が厳しかったため、いつもの年より待ち遠しい春でありました。

 東日本大震災の発生から7年が経過しました。復旧・復興から再生へ、そして、発展へと取り組んできた年月ではあります。宮城県をはじめ各自治体の「震災復興計画」は、終盤の「発展期」に入ったと言われておりますが、まだまだ道半ばといった状況が見受けられます。地域の未来をつなぐため安全・安心と快適な暮らしを支える地域建設産業としての取り組みがさらに重要になってきます。

平昌オリンピックでも大活躍したフィギュアスケート羽生結弦選手の発言の中に「努力は嘘をつく。でも、むだにならない。」という言葉がありました。目の前の目標や成果は、瞬発的なエネルギーを引き出しますが、その事に自分がのみ込まれたり、成果が出ないと分かるとすぐに努力を辞めてしまう危険性があると思います。それに対して、長い時間を視野に入れて取り組むには、「やらないわけにはいかない」「動かずにはいられない」というような、深い深い、自分の根源から湧いて出てくるエネルギーを必要とします。その、短い時間と長い時間の双方をしっかり生きてきたからこその今回の快挙だったのではないでしょうか。他の多くの選手からもいただいた感動と、同時に受け取ったひたむきに取り組む姿が伝えるメッセージを、自分自身のエネルギーにしていければと思います。

 平成30年は、すでに天皇陛下が生前退位されることが決定しており、来年の4月末日までは「平成」であるかもしれませんが、「平成」の締め括りの年ではないかと考えます。歴史の転換期でもあり、現状の行いをそのまま続けるのではなく、良い変化というか進化を遂げ、新たな目標を加えて次のステージに進む良いタイミングではないでしょうか。


 

【2018.冬】

今シーズンは、全国各地で非常に雪の多い冬になりました。

箱根駅伝の青山学院大4連覇で始まった今年ですが、昨年も卓球女子の平野美宇選手がアジア選手権で初優勝したり、高校野球では清宮幸太郎選手が通算111号のホームラン記録を作ったり、陸上では桐生祥秀選手が日本人史上初の100メートル走9秒98という記録を生み出し、若い選手たちが大活躍した年でした。今年は冬季オリンピックもあり、若い選手たちの活躍から目が離せない年になりそうです。

アテネ五輪サッカー日本代表監督山本昌邦さんは、「わずか3分の為に、サッカー選手は87分走り続ける」ということを話していました。90分間のサッカーの試合で、ボールに触っている時間は、上手な人でせいぜい3分くらいであり、その3分の為に、選手は87分間必死で走り続けるということです。当たり前のように試合を見ていますが、考えてみると、もの凄く過酷な事であると思います。

ゴンの愛称で知られる中山雅史選手が、どうしてもチームを盛り上げるベテランの存在が必要ということで、山本さんが、遠征先のスペインから招致の電話を掛けた時、中山選手は「山本さん、俺、電話待ってました」「俺はいつだって絶好調です」と答えたそうです。例えハッタリだとしても、そう言える自信につながる練習や生活、メンタリティーを持ち続けているからこその間髪入れずの言葉だと思いました。成果が出るか出ないか分からないのに、あたかも成果が出た時の自分であるかのように自分を保ち続けることは、87分を走り続ける力と同じだと思います。

サッカー界のエピソードではありますが、我々の日常の仕事・生活に置き換えても、色々教えられることがあると感じます。


 

【2017.春】

緑の素敵な季節になりました。この半年は、私自身新たなステージへの挑戦や取り組みもあり、ひとりごとの更新を休んでしまい申し訳なく思っています。

2016年は、4月の熊本地震、10月の鳥取地震、8月には北海道に立て続けに3つの台風が上陸したり、岩手県に初めて直接台風が上陸したりと異常気象の年になりました。今年も、どんなことが起こるかわからない状況が考えられます。これからも万全の準備をしていかなければならないと考えます。

「どう働くかは、どう生きるか」というこの言葉を聞いて、俳人の夏井いつき先生の話を思い出しました。かつて、ご主人が肺がんの手術を受けることになり、かなりうろたえた夏井さんは、知人の「良いようになるか悪いようになるかは分らないけれど、なるようになるんです。」との言葉に、ある覚悟を決めたそうです。「自分は俳句をつくることを生業としているのだから、俳句をつくることを祈りにしよう。」と、全身全霊をかける姿勢で何百もの俳句をつくり、俳句の世界に生きようとしたということです。職業とは、突き詰めるとそこまで行きつくということで、日々の行動のひとつひとつが「どう働くかは、どう生きるか」ということになり、その人そのものになるのでしょう。

私も毎日の仕事をどのようにしていくのかをしっかり意識して、大切に、丁寧に生きていきたいと考えさせられました。


 

【2016.夏】

すっかり更新が遅れてしまいました。今年は、初めて東北地方の岩手県に直接台風が上陸したり、北海道に立て続けに3つの台風が上陸したりと異常気象の年になりました。今後も災害への不安は、消えそうにありません。

国土交通省では、公共事業の建設現場で、ドローンを使った測量などIT(情報技術)の活用を義務付けるということです。さらに、土地の形状や高さを精密な立体データで把握するほか、自動建機の導入で現場の作業負担を減らすことを目的にしているとのことです。そして、建設業界での人手不足に対応するため、作業者の生産性を2025年までに2割向上させることを目指すということです。これにより、測量期間の短縮や土量を自動計算したり、施工計画の無駄を省くなどが考えられます。また、建機は自動制御となり、経験の浅いオペレーターや女性も従事しやすくなることが考えられますが、まだまだ黎明期にあり、手さぐりに状況は続きそうです。

プロサッカー選手香川真司選手の話ですが、インタビュアーが、香川選手にとっては、「サッカー‘に’生きるですか?」「サッカー‘を’生きるですか?」「サッカー‘で’生きるですか?」と問いかけました。少し考えた香川選手は、「サッカー‘と’生きるです」と答えました。もちろんそのどれもが必要な関わりですが、それら全てを飲み込んだうえで、更にその上に構築される関係が、「サッカー‘と’生きる」ではないかと思います。主語のサッカーの部分を、自分なりに大切にしている仕事に置き換えてみると、更に良い関係の構築や、自分をどう生きるかなどが見えてくるような気がします。


 

【2016.春】

例年よりも早く桜が満開となり、あっという間に散り始めたという印象です。そして、4月14日以降、熊本地震が発生し余震が続いているところです。テレビなどの映像を見ると、薄らいでいた5年前の東日本大震災の記憶がよみがえりますが、改めて備えの大切さや対応の難しさを感じるところでもあります。また、この災害で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

復旧から復興へ、復興から再生へ、そして、再生から発展へと目指してきた当地域ですが、熊本地震からも心や気持ちの大切さが見て取れるところです。「思」という象形文字は、「あたま」が「こころ」の声に耳を傾けている図柄です。「思」という文字の上の「田」は、脳みそを上から見たところで、下の「心」は心臓の象形なのだそうです。「アタマがココロの声に耳を傾ける」という行為は、豊かな情緒を育てたり、直観力を養ったりと、自分の内側を育ててくれるもののような気がします。「思う」ということを、もう一度しっかり見直して、積み重ねていくことが良い仕事にも繋がるのだと思います。

弊社の経営理念にも掲げてありますが、平常時も含め「あたたかな思いやりとまごころを持ち」、そして、「柔らかなこころ」で仕事に取り組むことが大切であり、それがきっと社会の役に立ち貢献できるのだと思います。


 

【2016.冬】

 今年は、丙申年です。「丙」には、「明らか」という意味があるそうです。丙は形が明らかになってくる頃とされます。そして「申」は「呻く(うめく)」という意味があり、果実が成熟して固まっていく状態を表しているということです。つまり、これまで日の目を見なかったことが形となって現れてくる年だと言えるのではないでしょうか。この後のさらなる成長にもつなげていける年にしたいものです。

12月24日クリスマスイブに、2016年度の国土交通省予算が発表されました。5兆7767億円となり、前年度予算と比べると0.04%アップの微増になりました。内容は、昨年9月の関東・東北豪雨災害を教訓に、防災減災対策・インフラの老朽化対策に取り組むとともに、民間投資を誘発するための「ストック効果開発プロジェクト」を立ち上げたり、「地域建設業活性化支援事業」や生産性の向上を目指した「I−onstruction」事業などを起こすという建設産業の将来を見据えたものとなり、今後を期待したいところです。

 暮れの12月27日に女子サッカーの皇后杯決勝が行われました。なでしこジャパンで活躍した澤穂希選手の引退試合ともなりましたが、結果は所属しているINAC神戸が、最後の最後も自分で決めた澤選手の1点で優勝ということになりました。試合後のインタビューで「なぜ、ここぞという場面で決められるのか。」と聞かれ、「最後まであきらめないこと。ここぞというときに、強い気持ちを行動に移すことで、そういう結果になるのかな。」と答えていました。私たちも強い気持ちを持って、今年も悔いのない仕事をしていければと思います。


 

【2015.秋】

9月11日未明、当地域の渋井川が決壊しました。平成27年関東・東北豪雨と命名された集中豪雨による災害は、これまでに経験したことのないものでした。渋井川の支流の河川沿線も含め、雨水排水の悪い地域は被害にあわれたようです。被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

 東日本大震災を経験し、災害対応は常日頃から考えていた地域ではありますが、災害の種類によっては対策が進んでいなかったのかと改めて感じさせられました。地震災害の時の停電や燃料不足とも違い、水が引かなければ現地にも到達することが困難な状況にあり、引き続きの降雨があれば二次災害等の心配をしながらの復旧作業となるなど、さらに考えさせられる状況がありました。いずれにしましても、地域の実情を一番よく知る地域の建設業者として活動しなければならず、再度の検討が必要と考えています。

 私たちが携わっている建設産業は、ものづくりの職種です。様々な道具を使いものづくりに向き合っていますが、単純な道具を使うには、それを使いこなす技術が必要です。簡単なものはイージーのイメージですが、単純なものほど難しくシンプルになればなるほど技術が必要になり、それと同時に自分で自由にできる範囲、自分が自由になれる範囲が広がるのです。

 様々な創作活動にも言えることですが、仕事に向き合うときに広がりを持つことにより、さらなるやりがいを感じられることになるのではないでしょうか。


【2015.夏】
 
 これまで、不安定な天気が続いてきましたが、この夏はさらに気温の上下の差が激しい日が多くなりそうで、体調管理に努めなければと思います。
 「今世紀最大の国家プロジェクト」と言われた新国立競技場デザインの国際コンクールが行われ、建築家ザハ・ハディド氏による「斬新」「大胆」「圧倒的」な設計により、2本の「キールアーチ」で屋根を支える未来的なデザインが特徴の流線形スタジアムが選ばれました。国際オリンピック委員会総会の中でもこのデザインがアピールされ、2020TOKIOオリンピック招致に繋がったとも言われています。その際、コストの問題は「現代日本の建築技術の粋を尽くすべき挑戦となる」という言葉に置き換えられ、現時点では2520億円の予算で、2019年5月の完成を目指すということで進められているようです。この事業費が適正なのか様々な議論を呼んでいるところですが、世界遺産のように長い歴史の中で後世へ伝えるメッセージとして捉えることはできないものでしょうか。この予算や今後の維持費があれば他の何かができるということではなく、この競技場をフルに活かし世界に誇る日本の財産と考えていければと思います。
 荒井由美の曲「やさしさに包まれたなら」の中に、『目にうつる全てのものがメッセージ』というフレーズがあります。後ろ向きだったり、未来に目を開こうとしていない時には、目にうつるものは、ただのモノでしかないかもしれません。それが、ひとたび心持ちを前向き変えただけで、単なるモノや事柄が大切なメッセージになります。目にうつるものをしっかりうけとめて、そのメッセージを新たな力にして行きたいと思います。


【2015.春】 
 桜前線が意外と早く北上し、今年は各地の名所で準備が遅れ苦労しているようです。春本番といったところですが、東日本大震災から4年が経過し、「復興から再生へ」未だにスタートできていないない地域を見ると複雑な思いであります。
 「人生は、思い通りに行く事ばかりではない。頭で考えてうまくいかない時は、とにかく体を動かして、汗をかいてみることだ。そうしたら、大概、自分の道は見えてくる。それでもまだ見えない時は、もう少し、汗をかいてみろ。」これは、NHK朝の連ドラ「マッサン」の中で、マッサンに向けた父親のセリフです。考える事はもちろん大事ですが、そこにばかり固執するとパソコンのフリーズ状態のようになってしまう事があります。身体を動かすことや汗を流すほどの時は、無心になれるので、そうした状態が解凍作用をもたらすのでしょう。
 建設業で活躍する女性技術者・技能者の愛称を「けんせつ小町」と名付け、建設業界をあげて女性の活躍を推進しようという動きがあります。ある現場では元請業者を中心に、施工監督や作業員などで「チームなでしこ」を組織し、現場の運営に役立てているということです。「女性が働きやすい職場環境づくりは、男性も働きやすい」との思いもあり、今後、制度が整っていくかと思われます。
 身体を動かし無心になること、意識を変えること、そして、本気になること。様々な取り組みのなかで、良い年度にしていきたいと思います。


【2015.冬】 
 今年の正月は、荒れた天気で始まりました。その後は穏やかというか、ここまで太平洋側では、大雪にはならない冬となっています。
 暮れの衆議院選挙の影響で、1月14日にやっと2015年度の国の公共事業費が閣議決定されました。総額5兆9711億円となり、前年度当初予算と比べると、0.04%アップの微増になりました。これは、インフラの老朽化対策や災害対策に重点を置いたものであり、人手不足や厳しい財政事情を踏まえ、6兆円以下に抑えたとの説明がありました。
 しかし、国土強靭化の議論の中から、自民党内部では災害に強い国づくりを目指し、新年度からの5年間で70兆円を投入し、橋やトンネルの修繕、自治体への補助制度の新設などを進めるといった声も出ているようです。さらには、市町村合併による交付税特例について、合併10年後に5年をかけてなくなるということだったものを総務省では、7割程度は継続して予算付けし、統廃合の難しいものをカバーしていくという政策を打ち出したということで、建設産業にとっては良いニュースも聞こえてきました。
 今年は未年ですが、羊は「安泰と平和の象徴」と言われています。しかし、株式相場の世界では、「羊辛抱」と言われ、我慢の年でもあるようです。また、羊の群れはトラブルを嫌い、チームワークを好むともいわれていて、これは団結に繋がるということと捉え、社員や関係の皆さんと共に手を取り頑張っていけば良い年になると考えています。